News・イベント

​最新の教室案内やイベント情報を随時更新して発信します。

小学生向け 3級ライティング攻略法


ライティングは難しい?

 7月24日より、Zach English Schoolをリニューアルし、AIE英語専科ザック岡本キャンパスとなりました。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 英検における、今年度の最大のトピックは、なんといっても準2級と3級の問題形式の変更です。

 英検を4技能化するにあたり、昨年(2016年度)から2級にライティングが入りました。そして今年度から準2級、3級にもライティングが入ります。この変更により、一番あおりを受けると予想されるのが、小学生での3級受験者です。これまで小学生での英検受験で最短ルートであった、リスニングと単語を集中して勉強し合格するという攻略法が使いづらくなりました。

 リーディングとリスニングを満点取ったとしてもライティングがゼロ点では3級の合格点に達することはできません。ですので、今回、準2級と3級を受験される方は、ライティングの勉強が不可欠です。もちろん、少しでも書けば部分的に配点はもらえますので、リーディングとリスニングがほぼ満点取れるという自信のある方は、あまり勉強しなくても良いのですが…。

 そこで今回は、小学生向けに(本人が読んでも?ですので、お母さん、お父さんが見てあげてください)3級のライティングの攻略方法について書きます。一度書き方がわかると簡単にスコアアップを狙えますので、直前学習で一番スコアを伸ばしやすいのは実はライティングかもしれません!

まずは問題を知ろう! ⇒ 知ってるよという人は次まで飛ばしてOK

英検のサイトによると、3級ライティングの見本問題として以下のようなものが出ています。

●あなたは、外国人の友達から以下のQUESTIONをされました。

●QUESTIONについて、あなたの考えとその理由を2つ英文で書きなさい。

●語数の目安は25~35語です。

●解答は、解答用紙のB面にあるライティング解答欄に書きなさい。なお、解答欄の外に書かれたものは採点されません。

●解答がQUESTIONに対応していないと判断された場合は、0点と採点されることがあります。QUESTIONをよく読んでから答えてください。

QUESTION

What is your favorite season? 

 設定としては、質問に対して2つの理由をつけて答える形となります。要注意は一番下、QUESTIONに対応していない回答を書いた場合は0点になるという点です。たとえば先の質問で、seasonというという単語が分からなかった場合、さらに問われていることが食べ物だと誤解して「日本食が好きです」、なんて書いた場合は、0点です。ですので、やはり単語をしっかり理解する事は大切です。また、設問の答えに対応する単語が書けないといけません。Seasonを聞かれたら、最低限spring, summer, fall, winterどれかが書けないことには答えられません。

 その他、この形式は出るかわかりませんが、Whichで聞かれた場合、必ず2択のうちどちらかをメインにして答えないといけません。例としてWhich do you like better, cats or dogs?という設問の場合、ネコかイヌか、どちらかでお答えください。本当はハムスターなんだよなと思っても、ハムスターが好きですとは答えないでくださいね。

どんなトピックが出されるの?

出題されそうなトピックをまとめて、設問の仕組みから3つのグループに分けてみました。

①What グループ(一番出そうです。)

What is your favorite country?

What kind of food do you like?

What is your dream?

What is your favorite sport?

What are you going to do on your next vacation?

②Do you ~形式グループ(出るかな?)

Do you like Japanese food?

Do you often go shopping?

Do you like your town?

Do you like to travel?

③以下は、使われるかわかりませんが、Whichで聞くパターン

Which do you like better, cats or dogs?

Which do you like better, rice or bread?

 まず、What で始まる場合、Doで始まる場合では書き出し方が変わります。

 What で始まる場合は、「何」と聞かれているので、ダイレクトにそのものを書いてもOKです。たとえば、一番上の問題をみると、好きな国を聞かれていますので、My favorite country is Japan. で大丈夫です。

 ではDoで聞かれている場合ですが、この場合は書き出しは必ずYes / Noでスタートします。ある事柄について、好きか、嫌いかと問われた場合はまずYes かNoか、立場をはっきりさせる必要があります。②グループの一番上の問題の場合、日本食が好きか嫌いか聞かれていますので、好きならYes, I do. や Yes, I like Japanese food very much.などと書くことです。

実際に書いてみよう!

それでは実践編です。一番出題されそうなグループ①、Whatで始まる問題をしてみましょう。

Question : What is your favorite spors.

(あなたの好きなスポーツは何ですか。)

全体のアウトラインとしては、以下のようになります。

①序文 ⇒ 意見を述べる

②理由① ⇒ 1つ目の理由

③理由② ⇒ 2つ目の理由

④結論 ⇒ ①で述べたことを再度述べる(なくてもいいですよ!)

①序文 これは簡単、質問の単語をほぼそのまま使います。your をmyに変更して、簡潔に質問の答えを書きます。

②理由① ①の理由ですが、最初にThis is because ~ とか、The reason is that として、意見を書きましょう。よくしがちですがBecauseで文章をはじめるのはやめましょう。英語圏の人にはかなり嫌われる間違いらしいです。

③理由② 理由①で書いた理由とは別の事を書きましょう。AlsoもしくはNextなどを持ってきて、順序立てて言うといいでしょう。また、it is fun to~という表現を覚えると、楽です。

④結論 ここまで書いて字数が25文字よりも少ないようなら、最後に締めの文章を足しましょう。That is why I think so.(6文字)もしくはThat is why ~ 序文に書いたもの で文字数が稼げます。

上記を踏まえて書いた文章です。

My favorite sport is soccer. This is because I often watch soccer games on TV. Also, it is very fun to play soccer with my friends. That’s why I like soccer the best. (33文字)

ここまで書ければ16点満点で14点は堅いと思います。

以下その他のTipsです。

  1. スポーツ、動物、季節、食べ物、色、勉強科目などのカテゴリーで、確実に間違わずに書ける単語をあらかじめピックアップする。

  2. 練習するときは必ず時間を計って15分以内で書けるようにする。本番も時間がかかりそうであれば、筆記試験が始まった直後に取り組み、15分以内に仕上げましょう。

  3. トピックに対し、書く内容が見つからない場合、先に長文や単語問題をするのも一つ。その中からライティングに使えそうな単語を選び、間違えずに書くためにその単語を中心に、理由を考えることもできます。

  4. 自分が書きたいこと、事実よりも書きやすいことを書くようにする。

  5. 一つの段に書く単語の数はあらかじめ決めておきましょう。たとえば1段に6単語と決めておけば、6段以上書いたら確実にアウト。後で数える手間を省くことと、余裕をもって書いておけば、後で単語を足すときに融通が利く。

  6. YES / NOで答える問題はYESの方が書きやすいことが多い。Noの場合は、比較などを使って、Noの理由を書く必要があり、必然的に字数が増え表現が難しくなる。

  7. 書き方の形が一度頭にはいったら、あとは何度も何度も練習する必要はありません。それよりも単語を覚えたり、リスニングのスピードに慣れることの方が大切です。ライティングも、質問の単語が分からなかったらアウトです!

#英検 #英検対策 #ライティング攻略法 #3級ライティング #英会話 #摂津本山 #岡本

イベント情報
最新記事